NEWS

  • 地域

愛媛県松山市でレンタサイクル事業を開始  トーマス    1月15日


 自転車・バイク・車・総合駐輪場システムメーカーのトーマス株式会社(福岡市博多区博多駅南5丁目、小野原龍弘社長)は、1月15日、愛媛県松山市でレンタサイクル(貸し自転車)事業を開始する。
 独自の駐輪システムを応用して、放置自転車の解消や中心市街地の回遊性を高めることで松山市内の活性化を図る。昨年12月、愛媛県松山市内の商店街内にオープンした駐輪場を自転車置き場として利用する。レンタサイクルのシステムは、東京大学准教授の羽藤英二氏と提携して開発。登録申請すると、ID番号をサーバーで管理し、遠隔で駐輪場精算機へ情報が配信できる。利用者はICカードを精算機にかけるだけで駐輪機のロックが外れ、自転車を利用することが可能となる。小野原社長は「今後は松山市内の駐輪場と提携して、自転車置き場を増やして利便性を高めていきたい。また、福岡市内でも、当社の駐輪場を利用してレンタサイクル事業を検討している」と話している。