NEWS

  • 地域

志免町の7階建て分譲マンション36戸を再販  アライアンス    20棟目


 分譲マンション販売、不動産仲介およびコンサルティングの株式会社アライアンス(福岡市中央区白金1丁目、中垣昌康社長)は、10月28日に粕屋郡志免町志免中央4丁目の7階建て分譲マンション「ペルル志免中央セリーズ」(総戸数45戸)のうち36戸を取得し、11月1日から販売を始めた。
 これは同社が推進する住宅再販事業「プロジェクト・クラッサ」の一環として、日選開発株式会社(北九州市小倉北区馬借3丁目、原田信社長)から同物件を取得したもの。同事業における取得物件は20棟目。場所は県道24号・志免川原交差点近く、ベスト電器志免店近く。敷地面積は1787・88平方m、建築面積は770・99平方m、延べ床面積は4124・84平方m。販売戸数は36戸で専有面積は63・01平方mから95・33平方m。バルコニー面積は10・41平方mから29・2平方m。間取りは2LDKが4戸、3LDKが11戸、4LDKが21戸となる。駐車台数は50台。同社では「今後もクラッサ事業で魅力ある物件を提供するほか、新規開発物件も手掛けていきたい」と話している。
 同社は2001年2月設立。資本金は3000万円、従業員数は20人。09年3月期の売上高は34億5800万円。