NEWS

  • 地域

志免町に経営コンサルティング会社を設立  常盤公認会計士税理士事務所の常盤所長    資本金300万円で


 常盤公認会計士税理士事務所(糟屋郡志免町別府120)の常盤直也所長は12月18日をめどに、同所に経営コンサルティング業の「アイアール福岡コンサルティング株式会社」を設立する。資本金は300万円で、社長には常盤所長が就任する。
 得意分野である建材業界を中心に顧問契約の営業活動を展開していき、1月には同業界を対象にしたセミナー開催も計画している。従業員は常盤所長1人。現事務所は顧問税理士業務など税務関係の仕事を専門に手掛けていく。常盤所長は「独立時から顧問税理士業務に限らず、資格を生かして会社経営をトータルサポートする経営コンサルタントを標榜していた。“会社にお金を残す”と“経営計画の作成”をキーワードにコンサルティングを手掛けていき、お客さまの業績アップをお手伝いしていきたい」と話している。
 常盤所長はは大分県姫島村出身。1973年10月24日生まれの36歳。京都大学経済学部経営学科卒。趣味は子供と遊ぶこと。公認会計士の資格取得後監査法人トーマツに約6年間勤務。東証一部上場企業の監査などを手掛け、05年9月に独立。今年1月に事務所を開設してた。