NEWS

  • 地域

心理学を用いた人材教育講座開講  HHSA 4月29日にオリエンテーション


 カウンセラーや各種セラピストらによるカウンセリングや研修を手掛ける(社)ヒューマン・ハート・サポート協会(福岡市中央区清川2丁目、黒木瑞理事長)は5月17日から、心理学を用いた人材教育講座を開講する。
 講座名は「TA‐PAC 実践研修」。内容は自己理解と他社分析の対人関係心理学をベースに、目標達成のための自分を動かす力、自己コントロールのための折れない心、課題を乗り越えるためのリーダーシップの心理学体系3分野で構成。心理テストによる自己分析や心の強度をチェックするほか、グループで対人関係の実践行動に取り組む。まずは4月29日に福岡商工会議所でオリエンテーションを実施し、5月17日、6月28日、7月19日に公開講座を開講する。時間は各日午前10時から午後5時まで。経営者や、中間管理職、人事担当者が対象で、料金は1日1万5000円、3日セット4万円。今回の公開講座終了後には、企業単位での受注も開始し、ニーズに応じたカリキュラムを提案していく。
 黒木理事長は「30年間、さまざまな企業で社員研修や人材育成に携わってきた藤田博文TAライフキャリア教育研究所長のカリキュラムを継承するもの。マネジメント能力アップに生かしてもらいたい」と話している。