NEWS

  • 地域

建築家とユーザーのマッチングギャラリー開設  安成工務店    新たな顧客開拓目指す


 山口県下関市の総合建設業、株式会社安成工務店(同市綾羅木新町3丁目、安成信次社長)は7月6日、福岡市博多区東比恵2丁目に建築家とユーザーをマッチングするギャラリーを開設した。
 自然素材を使用した木造戸建住宅を展開する同社が、新たな顧客開拓を図るため、国内最大の建築家ネットワークを展開するアーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社(東京都、丸山雄平社長)と提携し、建築家とユーザーの家づくりを支援する事業に加盟した。同所開設に伴い、「安成工務店ASJ事業部」を立ち上げ、同事業部が運営する。名称は「ASJ博多スタジオ」。場所は通称「百年橋通り」沿い、東比恵3丁目交差点西側。店舗面積は120平方mでスタッフは当初は2人。今後は同ネットワークに登録した建築家のプレゼンテーションや個別相談に応じるイベントを開催していく。営業時間は午前10時~午後6時。定休日は火、水曜日。安成社長は「本業とジャンルが違うデザインに重点を置いた新規事業のため、両事業に良い刺激が生まれることを期待している。3年後をめどに、同事業の売上高7億5千万円を目指す」と話している。