NEWS

  • 地域

店舗限定の冷やし中華麺を発売  力の源カンパニー    薬院、姪浜店など


 ラーメン店「博多一風堂」経営、飲食関連コンサルティングの株式会社力の源カンパニー(福岡市中央区薬院1丁目、河原成美社長)は、7月20日から全国15店舗限定で冷やし中華麺の販売を開始した。
 鰹(かつお)のきいた醤油だれと和だしをブレンドした濃口のスープに、太平打ち麺と中太平打ち麺を織り交ぜた乱切り麺を使用。温泉玉子、細切りレタスとチャーシュー、角切りトマト、天かす、きざみのりをトッピング。自家製すりおろしドレッシングとトリュフオイルをからめる。
 提供店舗は福岡地区が薬院店、姪浜店、関西地区が堀江店、池田店、京都錦小路店、中国地区が倉敷店、中部地区が本町通り店、四国地区が松山店、関東地区が池袋店、横浜西口店、湘南SEASIDE、町田店、そのほか新潟店、高崎店、諏訪インター店の合計15店。価格は850円。薬院店、姪浜店、諏訪インター店では8百円で販売する。期間はおよそ1カ月間の予定で、数量限定のためなくなり次第終了する。