NEWS

  • 地域

店舗開業予定者を支援する任意団体を発足  販路企画の田口勝代表    「日本店舗アカデミー協会」


 店舗開業、多店舗展開、FC展開コンサルティングの個人事務所、販路企画(福岡市博多区寿町3丁目)の田口勝代表は9月1日、福岡市博多区博多駅前3丁目に店舗開業予定者を支援する任意団体「日本店舗アカデミー協会」を設立した。
 廃業率の高い飲食業や理美容関係などサービス業の経営者、および開業予備軍に対して、開店に関わるマーケティング、コスト削減などのコンサルティング、士業、不動産会社、デザイン、設計施工会社がワンストップで支援するもの。同協会では開業支援や経営研修を主にウェブサイトやスクールを通じて実施する見込みで、開店や経営に関する無料相談、講習会、セミナーなども行う計画。1年後の一般社団法人化を目指し、開業予定者や店舗経営者で構成される会員を初年度5000人の獲得と、会員を支援する業者60~100社を募る。
 理事長は田口代表で、事務局長は事業用テナント専門ポータルサイトを運営する西村健 エリアコミュニケーションズ社長が務め、事務局は同社内に設置した。田口理事長は熊本県出身。1976年4月21日生まれの40歳。熊本商科大学経済学部卒。フランチャイズ業界最大手の セブン・イレブンジャパン本部でスーパーバイザー、マネージャーを経験後、独立し200社以上の支援実績を持つ。趣味は旅行。田口理事長は「店舗経営に失敗される方が多いので、まずは福岡から一人でも多くの開業予定者、既存経営者を支援したい」と話している。