NEWS

  • 地域

広島マツダスタジアム隣接地に婚礼施設  アイ・ケイ・ケイ    中国地方初進出、来年早春開業予定


 東証1部上場の挙式・披露宴企画、ゲストハウス型婚礼施設運営のアイ・ケイ・ケイ株式会社(本店・佐賀県伊万里市、福岡本部・糟屋郡志免町、金子和斗志社長)は、広島市に新拠点をオープンする。来年早春開業予定。同社の中国地方出店は初めて。
 昨年11月の長崎県佐世保市への出店に次ぐ16拠点目。場所は同市のマツダスタジアムに隣接する都市計画「広島ボールパークタウン」内。新拠点の建物面積は約2570平方mを予定し、1チャペル、2バンケットに加えて、同タウンの来場者に向けてレストラム(バー付)も併設する。
 同社は1995年11月設立。資本金は3億4700万円(13年10月末)。13年10月期の連結売上高は145億1000万円。