NEWS

  • 地域

広島にカラオケ店初出店  ボナー    69店舗目


 九州・山口地区を中心にカラオケ店・居酒屋を展開するウチヤマグループの株式会社ボナー(北九州市小倉北区熊本2丁目、生嶋伸一社長)は7月9日、広島市中区本通にカラオケ店「コロッケ倶楽部広島本通店」を出店した。広島県初進出で、69店舗目。
 場所は国道54号本通交差点南東のビブレーンビル1~5階。店舗面積は477平方m。部屋数は25室。スタッフ数は25人。想定客単価は1550円で、年間売り上げは1億4000万円を見込んでいる。同社は「広島県内で初めてのオープンで、これまでの店舗運営で培ったノウハウを活かして知名度を広げ、全国展開に伴うエリア拡大に向けて中国地区での基盤を作っていきたい」と話している。
 同社は1971年6月設立。資本金8480万円。09年3月期グループ連結売上高142億6100万円。従業員3100人(09年3月1日現在)。北は三重県、南は沖縄までカラオケ店を出店しており、九州・沖縄地区で居酒屋を23店舗展開している。