NEWS

    年内めどに食パンの新ブランドを計画 メルシーコーポレーション


    新規出店も視野に

    クロワッサン製造販売の㈱メルシーコーポレーション(福岡市東区筥松1丁目、日小田和彦社長)は年内をめどに食パンの新ブランドを計画している。
    これまで同所店舗でクロワッサンを中心に製造販売してきたが、新たな顧客開拓や事業拡大を見据えるもの。新ブランドはクロワッサンの生地で作る食パンで正式名称は現段階で未定。一斤2000円程度で販売するという。本店で販売するが将来的には天神などへの新規出店も検討している。
    日小田社長は「得意先のお土産などにも利用してほしい。軌道に乗ればオンラインショップでの販売も検討していきたい」と話している。
    同社は2010年10月設立。資本金10万円。従業員4人。決算期9月。日小田(ひおだ)社長は大分市出身。1972年2月28日生まれの47歳。大分県立鶴崎高校卒業後、北九州市立大学工学部を中退。その後大分県内のケーキ屋で5年、㈱チョコレートショップ(福岡市博多区綱場町)で約10年の勤務を経て独立した。創業当時は洋菓子製造の下請けだったが、2015年10月、本社同所に「手造りクロワッサン専門店 ラパン」をオープン。主力商品は「プレーンクロワッサン」で価格は220円。

    2019年9月25日発行