NEWS

  • 地域

川崎町で4MWのメガソーラー稼働  兵庫県の神戸物産    全国計200MW目指す


 全国で「業務スーパー」をFC展開する株式会社神戸物産(兵庫県、沼田博和社長)は1月24日、田川郡川崎町で2カ所計出力約4・0MWのメガソーラーを稼働した。
 同社が取得した敷地計約8万平方mに昨年から建設していたもので、投資額は約13億2400万円。田川第一発電所、第二発電所ともに出力は2MW。年間発電量は一般住宅1200戸の発電力に相当する419万kWhで、年間売電収入は1億7570万円。10年4カ月間で投資回収する見込み。同社では「現在、全国各地で発電所を建設しており、71・4MWを稼働している。将来的には計200MWを設置し、発電量単独企業日本一を目指したい」と話している。
 同社は1985年11月設立。資本金は6400万円。従業員は922人。売上高は1574億1200万円(2012年10月期)。業務用食品の販売店「業務スーパー」を全国各地でFC展開している。東証一部上場。