NEWS

  • 地域

山口県山陽小野田市に10階建て分譲マンション  トラストネットワーク    完成予定は14年2月下旬


 トラストホールディングス株式会社(福岡市博多区博多駅南5丁目、渡邉靖司社長)傘下で、不動産事業のトラストネットワーク株式会社(同)は11月30日、山口県山陽小野田市日の出1丁目に建設している10階建て分譲マンションの販売を始めた。完成予定は2014年2月下旬。
 物件名は「トラストネクサス小野田駅前」で、場所はJR山陽本線「小野田駅」南西側、県道30号沿いの「セブンイレブン山陽小野田日の出店」東隣。敷地面積1078平方m、建築面積421平方m、延べ床面積3538平方m。建ぺい率は80%で容積率は400%。間取りは2LDK+S、3LDK、4LDKで専有面積は65平方m~88平方m、総戸数36戸。駐車場は36台、駐輪場は約49台収容可能。販売価格は1995万円~3265万円。最多販売価格帯は3000万円台。管理会社は株式会社合人社計画研究所、設計・監理はアトリエパッソ、施工は株式会社友田組、販売代理は株式会社プランハウス。同社では「静かな街並みを中心に、さまざまな生活施設や憩いのスポットに恵まれたエリア」と話している。
 同社は2004年5月設立。資本金5000万円。14年6月期のグループ売上高見込みは125億円。