NEWS

  • 地域

小規模戸建て住宅のネット販売を開始  安心計画    価格帯は15百万円~21百万円


 住宅営業支援ソフト販売、サポートの安心計画株式会社(福岡市博多区博多駅前3丁目、小山田隆広社長)は、7月1日からインターネットで小規模の戸建て住宅が買える「小さな家。計画」のサービスを開始した。
 主に単身者向けや定年退職者のセカンドハウス需要の取り込みを図る。建築家や建材メーカー、部品工場、住宅設備業者と提携し住宅を製品化して売ることで生産、流通、建築にかかるコストを削減し、適正価格で販売するもので、九州地区で先行販売を始めた。
 最多販売価格帯は15百万円~21百万円で、2~3階建てで延べ床面積20~30坪の比較的小規模な住宅を提供する。また同日から本社事務所隣の1室(約82平方m)を新たに借り、7月中旬をめどにプレゼンルームとして一般消費者に開放。初年度販売戸数は20戸を見込む。小山田社長は「家をあらかじめ製品化してネットで売ることで利便性や完成するまでの早さを重視する若年層の戸建て需要に対応していきたい」と話している。
 同社は1988年3月設立。資本金6千万円。従業員36人。小山田社長は北九州市門司区出身。1948年12月13日生まれの61歳。下関市立大学経済学部卒。趣味は読書。