NEWS

  • 地域

小規模太陽光拡販の事業パートナー募集  佐賀県の朝日工業    工務店、住宅、不動産など


 佐賀県を中心に住宅、不動産事業を手がける株式会社朝日工業(同武雄市朝日町、野畑龍彦社長)は太陽光事業を拡販するための事業パートナーを募集する。
 1区画に設置するパネルの発電能力を50kW未満に抑え、投資家に分譲販売する事業を昨年から手がける同社では、投資家に物件を紹介する調査販売や施工管理のパートナー企業を募集することで同事業を拡大していく。対象は工務店や住宅会社、不動産会社など。現時点では、いえものがたり株式会社(栃木県)、コンフォートホールディングス株式会社(長崎県)、株式会社大一建設(同)と提携を結んでおり、福岡、九州に限らず全国的に募集する。23日には太陽光事業参入のセミナーを福岡で開催する予定。同社では「太陽光は今からでも事業化するのは遅くない。新規参入3カ月で収益を出すノウハウを伝えていきたい」と話している。
 太陽光発電は50kW以上の場合に電気主任技術者を置くことが義務づけられているが、小規模太陽光発電所は必要なく、運用コストを削減しているのが特徴。大型発電所と比べ、1口当たりの投資額を抑えることで、個人投資や法人の節税対策の需要を取り込み、各地で広がっている。
 同社は1965年4月設立。資本金は3000万円。13年3月期の売上高は10億円。従業員は40人。