NEWS

  • 地域

小倉南区の空港跡地に12階建てマンション  第一交通産業    総戸数46戸で来年2月完成


 第一交通産業株式会社(北九州市小倉北区馬借2丁目、田中亮一郎社長)は、同市小倉南区曽根北町の旧北九州空港跡地に12階建て分譲マンションを建設している。
 場所はJR日豊本線下曽根駅北東側、九州労災病院南東の医療生活区域内の南側の敷地。敷地面積は1984平方mで、延べ床面積は4398平方m。名称は「グランドパレス曽根ラグシス」。間取りは3LDKと4LDKのファミリータイプで、総戸数は46戸。専有面積は71~92平方mで、価格帯は1990万円(1戸)~3250万円(1戸)。駐車場は47区画で62台収容(来客用1区画含む)。最多価格帯は2100万円台(6戸)と2500万円台(6戸)。完成は2015年2月で、入居開始は3月。現地西側の九州労災病院南西にモデルルームを設置して分譲している。