NEWS

  • 地域

小倉北区篠崎2丁目の土地をネット競売  アセットリンク    最低入札価格1億6759万円


 不動産コンサルティング、ネット競売の株式会社アセットリンク(福岡市中央区大名2丁目、中嶋裕二社長)は12月20日、北九州市小倉北区篠崎2丁目の土地約5000平方mをネット競売にかける。
 同所は10月30日の競売物件だったが、参加がなかったため延長して再度入札にかける。場所は北九州都市高速道路1号線篠崎南出入口、篠崎古墳公園そばで、9月末まで同所有者が物流拠点として利用していた土地。現在は所有者が建物を解体し更地状態になっている。入札方法は、同社が事前に買い主側の利用用途などを審査し、専用IDを発行後、参加者が1回だけ入札に参加する入札価格非開示方式の「クローズド・ビッドシステム」を採用。最低入札価格は1億6759万8000円。敷地が広く周辺が住宅地であることから、賃貸住宅や老人福祉施設、病院などとしての利用を見込んでいる。申込受付は12月18日まで。20日午前10時~午後3時までの5時間でオークションを実施する。中嶋社長は「更地状態で立地条件が良く、さまざまな用途が見込まれる。ぜひ問い合わせいただきたい」と話している。
 同社は2006年設立、資本金1000万円。同年12月、インターネット不動産オークションシステム「リアル・バリュー」を開設し、これまで数十件のネット競売を手掛けている。