NEWS

  • 地域

小倉北区内2カ所にリハビリ専門の日帰り介護施設  さわやか倶楽部    55カ所116事業所目


 株式会社ウチヤマホールディングス(北九州市小倉北区熊本2丁目、内山文治社長)の連結子会社で介護福祉事業の株式会社さわやか倶楽部(同所、内山社長)は12月2日、同区木町3丁目と大畠1丁目にリハビリ専門の日帰り介護施設を開設した。介護施設としては全国55カ所、116事業所目。
 適度な運動を楽しく安全に行うことができる専門機材「レッドコード」を活用した運動や脳トレ、ノルディックウォーキングなどリハビリに特化した施設で、1日通して運営するデイサービスが多い中、同社では午前9時~正午、午後1時~午後4時の2部制にしたのが特徴。木町3丁目の「さわやかリハビリデイサービス木町」はJR南小倉駅東側の「米谷木町第3ビル」1階で、事業所面積は約100平方m。午前、午後のいずれか約3時間まで利用でき、常時定員は10人。
 大畠1丁目の「さわやかリハビリデイサービス大畠弐番館」は、同社が運営する「さわやか大畠弐番館」2階に併設しており、事業所面積は約300平方m。定員は10人。午前、午後の2部制で基本は約3時間の利用だが、通しで5~7時間の利用可能。同社では「小倉北区の住民だけでなく、区外の相談にも応じてサービスを受け入れる体制を整えたい」と話している。
 ウチヤマHDは2006年10月設立。資本金20億8807万円。グループ従業員3695人。昨年4月にジャスダックに上場。今年12月16日に東証2部に鞍替え上場。13年3月期連結売上高は199億6800万円。さわやか倶楽部は04年12月設立。資本金2億80万円。従業員1728人。