NEWS

  • 地域

小倉北区のあるあるシティ内にカラオケ店  ボナー    初年度売り上げ8000万円見込む


 株式会社ウチヤマホールディングス(内山文治社長)の子会社で、カラオケ店、飲食店事業の株式会社ボナー(北九州市小倉北区熊本2丁目、歌野繁美社長)は8月11日、同区浅野2丁目の商業施設内にカラオケ店「コロッケ倶楽部 あるあるCity店」をオープンした。94店目。
 アニメや漫画などサブカルチャーに特化した同施設の来館者を集客するため、ひとりカラオケ専用の個室3部屋や、アイドルグループ「ガレット」、ボーカロイド「初音ミク」などを壁一面にデザインしたコンセプトルームを設置したのが特徴。場所はJR小倉駅新幹線口東側の商業施設「あるあるCity」地下1階。店舗面積396平方mで、全24室。24時間年中無休で、スタッフ20人。想定客単価は1350円で、年間売り上げ8000万円を見込む。

 沖縄県中城村にカラオケ店

 また同社は8月12日、沖縄県中頭郡中城村にカラオケ店「コロッケ倶楽部 中城店」をオープンした。沖縄県内6店目で、全体で95店目。
 場所は琉球大附属中学校東側の県道29号線沿い。店舗面積451平方mで、最大24人が利用できる宴会用のVIPルームや禁煙ルーム含む24室を設置。24時間年中無休で、スタッフ23人。想定客単価は1300円で、年間売上目標9000万円を見込む。同社では「今期中にカラオケ100店舗達成を見込んでいる」と話している。