NEWS

  • 地域

専務理事に川野康広福岡市民ホールサービス社長  福岡県自家用自動車協会    福岡市の同協会専務理事も兼務


 自家用自動車に関する調査研究などの社団法人福岡県自家用自動車協会(福岡市東区千早3丁目、石橋友之祐会長)の専務理事に、6月5日付で川野康広株式会社福岡市民ホールサービス社長が就任した。同協会の支部にあたる福岡市自家用自動車協会専務理事も兼務する。山下茂専務理事は退任した。
 川野社長は鹿児島県薩摩川内市出身。1947年9月29日生まれの62歳。日本大学文理学部卒。71年株式会社西日本新聞社入社。2000年8月筑豊総局長、01年6月編集局次長、03年6月総務部長、07年5月から株式会社福岡市民ホールサービス社長。趣味は読書とゴルフ。川野専務理事は「コンプライアンスの徹底や社員教育の充実など、まずは組織体制を整えていきたい。また今後も交通安全キャンペーンなど社会貢献活動をしっかり行っていきたい」と話している。
 同協会は1955年に認可を受け設立。福岡市自家用自動車協会など県内25の支部を統括している。主な事業としては自動車購入時の車庫調査業務を、県警から受託している。