NEWS

  • 地域

宿泊サイト運営会社と業務提携  スターフライヤー    飲食店利用でポイント付与


 株式会社スターフライヤー(北九州市小倉南区空港北町、松石禎己社長)は12月10日、ホテルなどの予約サイトを運営する株式会社一休(東京都港区赤坂3丁目、森正文社長)と業務提携した。
 宿泊サイト「一休.com」は価格帯の高い旅館やホテルに特化しており、スター社ではマイレージプログラム「スターリンク」会員向けのサービスを強化するほか、高所得層やビジネスマンなどの新規会員獲得の相乗効果を狙う。同サービスは、特設サイトを通じて「一休.comレストラン」に加盟する飲食店を予約すると、200円の利用につき1マイルが加算される。2月28日までのキャンペーンでは、クレジット機能付きマイレージカードの会員向けに、飲食店で使用できる2000円分のクーポンを用意。3000マイルを1本とし、1人3本まで、先着200本が交換できる。同社では「店舗予約は宴会や接待なども対象。会員の方々が、快適なアフターファイブを過ごせるようなお手伝いをしたい」と話している。