NEWS

  • 地域

家計簿アプリで節約支援  ケイ・エフピー    月1050円で


 資産運用相談・投資顧問などのケイ・エフピー株式会社(福岡市南区野間、木村勝社長)は11月から、自社開発のスマートフォン向けアプリを活用した節約支援事業を開始した。
 アプリの名称は「ためぽん」。ファイナンシャルプランナーのカウンセリングで月の支出を分析し、節約の目標値を設定。毎日レシートを元に支出を家計簿型のアプリに打ち込むことで、項目ごとの支出と目標が表示される仕組み。半年スパンでカウンセラーと中間チェックを行い、1年後にはログインごとに溜まるポイントの成果に応じて賞品と交換する特典も。初回の分析・カウンセリングは5250円、月額のアプリ使用料は1050円。同社の節約セミナーに参加して契約した顧客は、カウンセリング料金が無料になる。
 木村社長は「毎日の支出が明確になるだけで、節約の意識は変わってくる。1年後のプレゼントは、地元企業から協賛を募るつもり」と話している。