NEWS

  • 地域

宮崎県西都市に「ドコモの森」開設  NTTドコモ九州支社    自然環境保護の一環


 株式会社NTTドコモ九州支社(福岡市中央区渡辺通2丁目、岩崎文夫執行役員支社長)は11月30日、宮崎県西都市にドコモグループの社員や家族が森林整備に取り組む「ドコモの森」を開設した。九州では7カ所目。
 ドコモグループでは自然環境保護活動の一環として1999年5月からドコモの森の整備を進めており、2012年までに全国47都道府県に開設する計画。今回の森林整備は、場所が同市大字南方の向陵の丘、広さは1・5ha。11月30日に同グループ社員、西都市関係者、茶臼原小学校、児湯広域森林組合などから約110人が参加し、植樹や下草刈り、開設セレモニー等を実施した。同支社では「自然に触れながら環境意識を高めるとともに、地球環境保全など様々な分野で積極的に取り組んでいきたい」と話している。