NEWS

  • 地域

定番の“空弁”をリニューアル  マンジャ    福岡空港などで販売


 仕出し弁当を販売する株式会社マンジャ(福岡市中央区小笹1丁目、徳原聖治社長)は8月1日、福岡空港などで販売する主力の弁当2つをリニューアルし、発売した。
 10年以上にわたって、同空港や大分空港、長崎空港などで販売してきた「焼き鯖高菜寿司」を「博多の寿し 黒」に、「焼き明太子寿司」を「博多の寿し 白」にリニューアルしたもの。「空弁」の新たな定番として売り出す。素材を変えただけでなく、パッケージカラーをそれぞれ黒と白の基調に変更した。価格はともに税込み1296円。同社では「今回のリニューアルを機に、“食の都博多”の新定番に育てていきたい」と話している。