NEWS

  • 地域

宗像市のテムザックと共同で室内用電動カートを開発  熊本県菊池市のサンワハイテック    来年夏に発売


 熊本県菊池市泗水町の半導体製造装置メーカー、株式会社サンワハイテック(山下和貴社長)は11月9日、宗像市のロボットメーカー、株式会社テムザック(高木陽一社長)と共同で室内用の電動カートを開発、来年夏に発売すると発表した。
 製品名は「STAVⅰ(スタビィ)」。全幅80センチ、全長1・25メートル、高さ1・2メートル。重量は75キロ。背もたれがなく、前傾で座席に着席する前輪駆動式。介助が必要な車いすなどを利用する高齢者や障害者が一人で乗降し操作できる構造を採用した。3時間の充電で連続10km走行できる。テムザックと関連の一般社団法人ベータ国際ロボット開発センターが開発した電動車いす「ロデム」の技術を継承、サンワハイテックと熊本県の産学官連携組織「くまもと技術革新・融合研究会」と共同で製品化した。初年度は約50万円前後で販売し4年後の2014年度には36百台、年間9億円の売り上げを目指す。
 アクロス福岡で記者会見した山下和貴社長は、「シリコンサイクルに影響されない自社ブランド製品として研究開発を重ね、来年夏から販売する。現在、医療福祉関連商品を取り扱う商社などから引き合いも来ている。医療、介護施設をはじめ、公共施設や大型ショッピングセンターなど幅広い方面からの需要拡大を期待している」と話している。
 山下社長は熊本県旧泗水町出身。52年1月22日生まれ58歳。大手半導体メーカー勤務を経て、92年1月にサンワハイテックを設立した。同社の資本金45百万円、売上高は約10億円。同社のほか、人材派遣や請負業のサンワアルティス、エアポートホテル熊本(同県大津町)などを経営している。