NEWS

  • 地域

宗像市に10階建てホテルをオープン  大分の亀の井ホテル    9月1日、同県内6施設目


 ホテルチェーンの株式会社亀の井ホテル(大分市西鶴崎、穴見保雄社長)は9月1日、宗像市大字王丸に10階建てホテルをオープンする。同県内6施設目。
 同社は郊外のロードサイド出店に力を入れており、場所は国道3号沿い、王丸交差点東側。敷地面積は約4950平方m、延べ床面積は5168・34平方m。総客室数は256室で、シングル179室、ツイン54室、ダブル22室。フロア構成は1階がフロントやレストラン、2階から10階が客室。駐車場は2百台を収容。1泊の宿泊料金は、シングルが48百円、ツインが9千円、ダブルが78百円。売上2億5千万円、来客数4万56百人を年間目標にしている。スタッフは40人。
 同社担当者は「ロードサイドホテルの年間100室増室を目指している。今後も地域貢献できる企業として発展したい」と話している。