NEWS

  • 地域

子供靴専門店を3店舗オープン  ムーンスター    大阪府堺市、広島市などに


 大手ゴム靴メーカーの株式会社ムーンスター(久留米市、猪山渡社長)は3月、大阪府堺市と広島市、兵庫県伊丹市に子供靴専門店「ゲンキ・キッズ」をオープンした。店舗数は全国で35店舗(直営29店、FC6店)となった。
 ゲンキ・キッズは、子供の靴選びについて様々な質問・相談が多いことから「お子様の小さな足の健やかな成長を願い、フィッティングを重視した接客を行う子供靴専門店」をコンセプトに、2006年6月から全国で店舗展開を進めている。店内では同社取扱ブランドの子供靴を中心に商品を構成、足型計測器「フッ撮る」を常設して定期的に足型計測会を実施するなど、子供の靴選びに関する情報・サービスを提供していく。
 今回出店した各店舗の概要は次の通り。アリオ鳳店(3月7日オープン)は、堺市鳳南町3丁目の複合商業施設「アリエ鳳」3階。広島アルパーク店(3月14日オープン)は広島市西区草津新町の大型ショッピングセンター「広島アルパーク」の東棟2階。伊丹昆陽店(3月20日オープン)は伊丹市池尻4丁目のイオンモール伊丹昆陽3階。同社では「今後もコンセプトに賛同いただける企業と取り組み、お客様からの生の声を収集する場、靴選びに関する啓蒙活動の場として日本各地へ店舗出店を推進していく」と話している。