NEWS

  • 地域

子会社吸収、事業運営の効率化で増益  アイフリーク    今期は安定利益の確保へ


 モバイルコンテンツやモバイルマーケティング事業を手がける株式会社アイフリーク(福岡市中央区大名2丁目、永田万里子社長)の11年3月期第1四半期決算は、売上高が7億1109万円、経常利益が8442万円となった。前年同期は子会社2社が合併前のため比較なしだが、前年同期の営業損益は1596万円の損失だった。
 子会社の吸収合併や本社移転などによってオフィスを統合し、事業運営の効率化に取り組んだ結果、利益が増加した。事業別売上高は、モバイルコンテンツ事業ではデコメール初心者にも使いやすい変換サービスの提供などで新規会員獲得を図り、売上高は4億6350万円、営業利益は2億2615万円となった。Eコマース事業はオリジナル商品の開発、高付加価値商品の提供によって新たなユーザーの獲得に取り組んだが、売上高は2億4758万円、営業損失は5247万円となった。11年3月期は、コスト削減とともにSIMロックの解除の影響やスマートフォン増加に対応し、安定した利益の確保に取り組み、売上高は前年同期比31・2%増の32億46百万円、経常利益は約4倍の3億52百万円の増収増益を見込んでいる。