NEWS

  • 地域

子会社のメディクオールを吸収合併  総合メディカル    10月1日付で


 医師の転職・開業支援、経営コンサルティング、保険調剤薬局などの総合メディカル株式会社(福岡市中央区天神2丁目、金納健太郎社長)は、10月1日付で三井物産株式会社(東京都、飯島彰己社長)との合弁会社である特定保健指導の受託サービス、株式会社メディクオール(東京都品川区大崎1丁目、宮田武志社長)を吸収合併する。
 メディクオール社は主に医療保険者から特定保健指導などの生活習慣病の予防サービス業務を受託してきた。しかし、参加率の低下による採算性悪化により、収益が不透明な経営環境となったため吸収合併する。合併による業績への影響は軽微の見通し。メディクオール社は2003年11月設立、資本金3億円、売上高1億63百万円。同社は1978年6月設立、資本金35億13百万円、従業員数2075人、売上高704億27百万円。