NEWS

  • 地域

子ども向けの脱毛サービスを開始  カンナ    自社開発の脱毛機で施術


 エステ運営、美容機器の製造販売・株式会社カンナ(福岡市東区松崎1丁目、鉄穴英明〈かんなひであき〉社長)は12月から、子ども向けの脱毛サービスを開始した。
 鉄穴社長の長女が、自社開発の脱毛機「ハイパースキン・カレン」で小学2年生から脱毛を開始し成果が出たことに加え、特殊な光を発毛因子に照射し細胞分裂を減退させるという仕組みで、「高熱を必要としないことで痛みも感じず子どもでも安心して施術できる」(鉄穴社長)ことから開始するもの。今まで会員やその知人の子ども向けに相談に応じて展開していたが、今後は保護者が同伴し送り迎えが可能で、母親も脱毛を体験してもらうことを条件に展開する。鉄穴社長は「業界では画期的な試み。コンプレックスで悩む長女が体験したことがきっかけで、ついに子ども向けに開始する。脱毛だけではなく、子ども向けには“発毛予防”として認知していってもらいたい」と話している。
 同社は1994年12月設立。資本金1000万円。09年11月期売上高は8億円(見込み)。脱毛を中心としたエステサロン「KAREN(カレン)」を福岡に4店舗、鹿児島に2店舗、熊本に1店舗、宮崎に1店舗、沖縄に1店舗展開する。鉄穴社長は山口県下関市出身。1963年12月3日生まれの45歳。趣味は野球。