NEWS

  • 地域

女性向けに水晶プレート使用の新コースメニュー  博多ぼて    価格は8千円


 福岡市中央区西中洲の「ふく料理専門店 博多ぼて」(嶋田昌泰店長)は7月1日、新メニュー「ふく水晶焼きコース」を開始した。
 コラーゲンを多く含み美肌効果もあるふぐ料理を、従来の男性客に加えて30代以上の女性客を新たなメーンターゲットに据えメニュー開発を強化するもの。同コースは焼き物、刺身、から揚げなど7種類のふぐ料理からなる。中でも「水晶焼き」は同社のオリジナルメニュー。韓国の焼肉料理などに使用される水晶製の透明プレートをそのまま直火焼きするもので、見た目にも通常の焼き物より綺麗なのが特徴。価格は1人前8千円。嶋田店長は「価格設定もふぐ料理の中では手ごろ。ふぐを食べたことのない女性客も多いので多くの方にその美味しさを伝えたい」と話している。
 同店は1976年設立。客単価1万1千円から1万2千円のコース料理のほか単品メニューも揃え、カジュアルに高級料理を楽しめるお店をコンセプトにしている。嶋田店長は福岡市中央区春吉出身、1974年5月19日生まれの36歳。趣味はスポーツ観戦。