NEWS

  • 地域

契約社員を廃止し正社員又はロングパートへ  クックチャムプラスシー    12月から


 総菜製造販売業の株式会社クックチャムプラスシー(筑紫郡那珂川町別所、竹下啓介社長)は12月から1年間かけ、契約社員(地域限定社員)を廃止し、正社員もしくはロングパートタイマーへ雇用形態を切り替えていく。
 正社員化に向け新たな人事制度を構築し、長期的雇用や社員のモチベーションアップにつなげていく。これに伴い副店長という新しいポストを設けることが可能となり、これまで正社員が務める店長に集中しがちだった業務を共有、役割分担することで店長の負担軽減を図る。今後、人事の評価制度を整備していく計画。竹下社長は「女性が作った会社だからこそ、女性の感性が生きる会社にしたい。女性のマネージャーや経営者層を増やしていきたい」と話している。
 同社は、2011年10月設立、資本金500万円、12年11月期の売上高は16億3600万円、パートアルバイトを含む従業員390人中、93%の362人が女性。県内18店舗をはじめとし、九州各県と東京に総菜店「クック・チャム」を合計31店舗展開する。