NEWS

  • 地域

太宰府天満宮参道に初の物販店  一蘭    中高年層、外国人観光客取り込む


 天然とんこつラーメン専門店の株式会社一蘭(福岡市博多区中洲5丁目、吉冨学社長)は11月末、太宰府天満宮(太宰府市)参道に物販店をオープンする。
 同社初のラーメンを提供しない形態の店舗で、天満宮を訪れる年間700万人の観光客を取り込む。場所は西鉄太宰府駅改札口側で、店舗面積は59平方m。各店舗で販売している「釜だれとんこつ」(3食セット2000円)、ゆでた麺にたれをかけて食べる「汁なしとんこつ」(5食セット1000円)などのほか、本店限定のTシャツ(2980円)、マグカップ(1280円)、太宰府参道店限定の商品も5~10種類程度取り扱う。また、ラーメンスープの試飲サービスなども実施する。同社広報の大金倫子さんは「太宰府天満宮は個人旅行のほか、大型バスでの団体客も多い。中高年層を新規に取り込んでいきたい」と話している。