NEWS

  • 地域

天神2丁目に賃貸住宅管理事業拠点  東京の東急住宅リース    受注拡大を目指す


 賃貸経営や社宅管理代行の東急住宅リース株式会社(東京都新宿区、北川登士彦社長)は10月3日、福岡市中央区天神2丁目に賃貸住宅管理事業を展開する拠点を開設した。
 場所は通称明治通り沿いの「福岡証券ビル」6階。名称は「福岡センター」で、営業拠点は東京本社のほか首都圏に2カ所、関西支店がある。事務所面積は81平方mで、スタッフ数は3人で、11月から4人体制。管理受託している福岡エリアの賃貸住宅をこれまでは福岡市に置くグループ会社の支店で業務委託していたが、開設後は直接管理、運営していく。今後は東急グループ各社と連携しながら事業法人やファンドオーナーからの受注拡大を目指す。営業時間は午前9時半~午後6時。休日は土日祝日。同社では「札幌や仙台、名古屋などの主要都市で不動産を所有されるオーナー様へのワンストップサービス提供していくため、全国展開を計画している」と話している。
 同社は2014年4月設立。資本金1億円。従業員978人。