NEWS

  • 地域

天神2丁目に来店型保険サロンをオープン  長崎県のほけん工房    テレビ会議システムを導入


 保険代理店の有限会社ほけん工房(長崎県佐世保市上京町4丁目、菊池洋光社長)は、1月14日、福岡市中央区天神2丁目にテレビ会議システムを導入した来店型保険サロンをオープンした。福岡初出店。
 サロン・本社スタッフ・お客様の3者でテレビ会議システムを使い面談することで、本社スタッフレベルと同様に品質の高い保険提案を目指す。場所は、警固公園西側ビックカメラ横、NTT―KFビル1階。店舗面積は22平方mで、ホテルのコンシュルジュをイメージした内装になっている。営業時間は午前11時30分から午後7時で、定休日は日曜・祝日。スタッフ数は常駐者が1人で、当面は長崎の本社からスタッフを派遣する。ターゲットは、30代から50代の女性やファミリー層。同社は今後全国展開を計画しており、足がかりとして九州の中心で交通の便の良い天神に出店した。また、セミナー等の開催も計画している。菊池社長は「難しい保険商品などでも、お客様の代理人として最も適した、また一番お薦めのできる保険をご提案していきたい」と話している。
 同社は、2000年5月設立、資本金300万円、従業員数6人。菊池社長は、長崎県佐世保市出身、1971年4月23日生まれの37歳、佐世保高専卒、趣味はトレーニング。