NEWS

  • 地域

天神2丁目にサービス業特化の研修機関が開校  ホスピタリティ&グローイング・ジャパン    5月1日


 教育研修事業の株式会社ホスピタリティ&グローイング・ジャパン(東京都新宿区、有本均社長)は5月1日、福岡市中央区天神2丁目にサービス業向けの定額制研修機関を開校する。
 名称は「グローイング・アカデミー 福岡校」で、東京・新宿校、大阪校に次ぐ3カ所目の拠点となる。同アカデミーはマクドナルドの人材教育施設「ハンバーガー大学」の元学長、「ユニクロ大学」元大学部長を歴任した有本社長が学長を務める、日本初のサービス業に特化した研修機関。全国展開する外食企業が多い福岡・九州地区での新たな需要開拓で、初年度は契約企業120社、月間受講者1000人の利用を目指す。
 場所は警固公園西側のNTT‐KFビル9階。338平方mのフロアには、定員24人のクラスルームを2つ設置。研修費用は定額制で、社員、パート、アルバイト含め対象人数が50人以内の場合、一社当たり月額5万円(税別、別途入会金10万8000円)で、サービス現場に必要な約100種類の講座を何度でも受講することができる。
 同社は店舗運営総合支援事業のBCホールディングス株式会社(大阪市)のグループ企業として2012年4月設立、資本金は1億5815万円、従業員数は32人。