NEWS

  • 地域

天神店をリニューアルオープン  インキューブ    総事業費4億円


 雑貨店を展開する株式会社インキューブ(福岡市中央区天神2丁目、楳木賀久社長)は6月27日、天神店(同)をリニューアルオープンした。
 15年前の出店以来最大の改装で、総事業費は約4億円。3月に先行オープンしたM3階、3階の2フロアに続き、今回は2階、4階、5階をオープンした。改装のコンセプトは「ときめきを感じる、居心地のよい店舗づくり」で、パーティー用品などの売り場を縮小し、売上増を見込める美容・健康雑貨、文具などの売り場を拡充した。
 売場面積は一部テナントが抜けるため、4148平方m(改造前5206平方m)に縮小。商品を集積する陳列方式を縮小し、テーマに沿った編集型陳列方式を導入することで、アイテム数を約20万点から約16万点に絞り込んだ。同社では「これまで培ってきた15年間の運営ノウハウを詰め込んだ店舗。開発チームを30代の女性で編成したので、他店との違いを感じていただきたい」と話している。
 同社は1999年2月設立。資本金は5000万円。従業員は120人。西日本鉄道の100%出資子会社で、県内に天神店、久留米店、木の葉モール橋本店、県外ではパークプレイス大分店、させぼ五番街店を展開している。