NEWS

  • 地域

天然石ブレスレットの収益金一部を寄付  ストーンマーケット    ロータリー財団に50万円


 天然石とシルバーアクセサリーの専門店株式会社ストーンマーケット(福岡市中央区港2丁目、中村泰二郎社長)は6月30日、同社が販売するブレスレットの収益の一部をロータリー財団に寄付した。
 2008年に同社が開始した社会貢献活動「HAPPY POWER STONE」の一環で、ブレスレットを発展途上国で製作し、販売収益金を世界の子どもたちの支援活動に役立てるもの。今年3月からビーズと天然石を一緒に編み上げた新アイテム「ヴィクトリアドリームブレスレット」を発売。同商品の売り上げの一部を「ロータリー財団」を通じてポリオ(小児麻痺)ワクチンという形で寄付することを発表していた。発売から3カ月、一定の金額に達したことから同財団に初めて寄付した。金額はブレスレット1本につき100円。27円分がポリオワクチン1回分に変わるという。6月までの販売本数は1万896本。50万円を寄付している。中村社長は「一過性で終わるものではなく、デザイン力、ファッション性を高めることで多くの方々に身に着けていただき永続的な支援を続けていきたい」と話している。