NEWS

  • 地域

大阪営業所を支店に格上げ  ゼオライト    拠点機能の充実と信用力アップ図る


 水処理プラントの設計・施工業ゼオライト株式会社(福岡市博多区那珂5丁目、河村勝美社長)は12月11日、大阪営業所(大阪市淀川区西中島4丁目)を支店に格上げした。
 関西圏での受注増に伴い、支店に格上げすることで拠点機能の充実と信用力のさらなるアップを図る。従業員は5人体制のままで支店長には岸田直之所長がそのまま就く。河村社長は「水処理プラントの保守・メンテナンス業務を中心としたアライアンスも増えている。より広域的にカバーし、顧客のニーズに応えていきたい」と話している。
 同社は1969年11月創業、1970年8月設立、資本金は9000万円、2014年7月期の売上高は28億100万円、従業員数は109人。