NEWS

  • 地域

大野城市旭ヶ丘に薬局を開局  シンクロファーマネット14    県内8店舗目


 ペリカン薬局運営の株式会社シンクロファーマネット14(福岡市博多区東光2丁目、熊本康隆社長)は7月1日、大野城市旭ヶ丘に新業態の薬局を開店した。県内8店舗目。
 場所は国道3号を小水城(しょうみずき)交差点から南ヶ丘方面に直進したところの西鉄バス小水城停留所近く。これまで展開してきた薬局とは異なり、店内にカフェやキッズスペースを設置しているのが特徴。10台の駐車スペースに加え、ドライブスルーによる薬の受け取りも可能となっている。店舗名は「ペリカン薬局 ファミリーガーデン 大野城店」。敷地面積は990平方m。店舗面積は244平方m(うち多目的スペースは112平方m)。スタッフ数は7人(うち薬剤師は3人、カフェスタッフ2人)。薬局は平日が午前8時半から午後8時。日曜日が午後5時まで。定休日は年末年始。熊本社長は「現在は駐車場を小学生の夏休みのラジオ体操広場として開放しており、毎朝約50人の子供たちが訪れている。今後は多目的スペースで子供たちに向けた絵本の読み聞かせや高齢者向けの健康ワークショップなども定期的に開催するなど、地域住民の皆さまの生活に寄り添っていきたい」と話している。
 同社は2005年12月設立。資本金3000万円。従業員数54人。熊本社長は1951年12月13日生まれの64歳。福岡市城南区出身。福岡大学商学部卒。趣味はお酒。