NEWS

  • 地域

大野城市上大利に174店舗目を出店  ドラッグイレブン    100円ショップなど併設


 JR九州グループでドラッグストアを運営する株式会社ドラッグイレブン(大野城市川久保、本郷譲社長)は、4月23日、大野城市上大利にドラッグストアをオープンした。174店舗目となる。
 場所は、「日の浦」バス停留所北側。店舗面積は699平方m。また医薬品や健康食品、化粧品を陳列するほか、100円ショップ「キャンドゥー」やヘアエステサロン「ペロッサ」を併設し、多目的店舗として集客アップを図る。営業時間は午前9時から午後11時まで。同社では「郊外店ならではの広々とした明るい店内にした」と話している。