NEWS

  • 地域

大濠1丁目にリラクゼーション店  インフィニティ・ジャパン    ジョガーの利用見込む


 ネットカフェや飲食店を展開するウイングス・オブ・インフィニティグループの株式会社インフィニティ・ジャパン(久留米市合川町、下川由美子社長)は11月22日、福岡市中央区大濠1丁目にリラクゼーション店をオープンした。
 場所は福大大濠高校はす向かいのサンリッチ大濠2階。店名は「パームガーデン」で、店舗面積は175平方m。酸素カプセルやコラーゲンマシーン、マッサージスペースを備える。また、ロッカーとシャワーも貸し出しており、近隣の大濠公園のジョガー利用を見込む。利用料金は酸素カプセルが60分2800円、コラーゲンマシーンが30分4800円、ボディケアもみほぐしが30分2800円、60分4800円、ロッカーとシャワーのみの利用は1回500円。営業時間は午前10時から翌午前2時まで(受付は午後11時まで)、年中無休。初年度月間売り上げは400万円を目指す。下川社長は「エステではなく、体をケアするスペースなので、性別や年代問わず利用してもらえる。今後はボディケアスタッフのさらなるスキル向上と人材育成を図り、多店舗展開にも対応していく」と話している。
 同社は1988年11月設立、資本金1000万円、従業員数72人、売上高15億円。下川社長は久留米市出身、1960年4月9日生まれの53歳、南筑高校卒、趣味は読書。