NEWS

  • 地域

大橋地区の月刊フリーペーパー発行  秀巧社印刷    地域活性化が目的


 印刷業の秀巧社印刷株式会社(福岡市南区向野2丁目、間直樹社長)は8月1日、大橋地区の月刊フリーペーパーを発行した。
 同社は大橋地区に本社を置く企業として大橋地域の情報発信や、商店街活性化に貢献する「大橋応援宣言」を2013年から打ち出しており、大橋地区や大橋商店街への集客促進、活性化や地域ネットワークの拡充を目的に創刊。内容は、地域の歴史やゆかりの人物紹介、ニュースやイベント情報などで、広告に依存しない情報発信を目標としており、誌面制作には商店街や区役所、学生などが携わり、地域を巻き込んだ媒体とした。媒体名は「おおはしびより」。仕様はオールカラー8ページでB5版。発行部数は1000部で、西鉄福岡天神駅や大橋駅、大橋商店街加盟店や大橋西部商店街、南区公共施設、西鉄大橋名店街で配布している。同社では「さまざまな人に参加していただき、続けていきたい。1人でも多くの人に関心を持ってほしい」と話している。              
 同社は1948年2月設立、資本金6000万円、従業員100人、2013年7月期売上高は約15億円。