NEWS

  • 地域

大容量ファイル転送システムをリニューアル  ファルコ    容量増加、会員80万人目指す


 大容量ファイル送信システム「データ便」を展開する株式会社ファルコ(福岡市中央区今泉1丁目、植村福太郎社長)は今年9月、同システムをリニューアルする。
 既存ユーザーや新規顧客獲得を目的に実施するもので、システム強化は3年ぶり。これまで送受信者両方のアカウント登録が必要だったが、これを受信側が会員であれば非会員も100MGまで送信可能にする。無料会員は上限を300MGから500MGに、月額300円有料会員は2Gから10Gに増量。また、半年間ダウンロード履歴を閲覧できる機能を導入し、見逃し防止や双方向の管理を強化する。「データ便」は現在75万人が会員登録している。植村社長は「8月で5期目を迎える。年内にユーザー登録数80万人に達したい。今後も既存サービスを磨いていく」と話している。
 同社は2012年8月設立。資本金700万人。従業員3人。鹿児島県出身。1983年9月6日生まれの32歳。宮崎大学工学部卒。趣味はテニス。