NEWS

  • 地域

大宴会場をリニューアル   福岡サンパレス    婚礼営業を強化


 ホール運営、管理の株式会社福岡サンパレス(福岡市博多区築港本町、中川百合雄社長)は8月22日、ホテルの2階大宴会場をリニューアルオープンした。
 リニューアルしたのはメーンの大宴会場「パレスルーム」。老朽化に伴い総事業費1900万円かけ改装し婚礼営業の強化を図る。フロア面積は396平方m、最大収容人数は300人(立食)。壁面は木目調のブラウンと白を基調としたもので、新たに間接照明を埋め込んだほか、天井の蛍光灯をLED照明に変更し調光が可能となった。さらにじゅうたんは黄色・ゴールドを基調としたものに新調した。同社では「モダンで優雅な内装に仕上げた。ウエディングは会場の雰囲気が大切、お客さまに喜んでいただきたい」と話している。
 同ホテルは1981年5月開業、客室総数は36室、駐車場174台(普通車)収容。同社は2004年8月設立、資本金9900万円、従業員115人。