NEWS

  • 地域

大学生など38人を内定  NECソフトウェア九州    幸田社長「自分の目を外に向ける準備を」


 ソフトウエア開発のNECソフトウェア九州(九州日本電気ソフトウェア株式会社、福岡市早良区百道浜2丁目、幸田好和社長)は、10月1日、本社で09年4月入社予定の大学生など38人(男性30人、女性8人)の内定式を開催した。
 内定者は大学院生15人(男性13人、女性2人)、大学生23人(男性17人、女性6人)。今年6月に就任した幸田社長は、「九州で働くことだけが仕事ではない。入社までの半年間で海外も含めてできるだけ自分の目を外に向ける準備をしてほしい」と訓示した。今年4月には、院卒16人、大卒23人の39人が入社した。