NEWS

  • 地域

大学向けPC教室情報システムの新バージョン  コラボレーションシステム    10月1日から提供開始


 大学向けWEBシステム開発、IT機器保守運用管理の株式会社コラボレーションシステム(福岡市博多区博多駅前3丁目、柏田稔社長)は、10月1日から大学内のパソコン教室の利用状況や予定を表示するシステムの提供を開始した。
 システム名は「クラスビュー」で、同社の「教室インフォメーションシステム」に続く製品。大学内のパソコン教室の場所や教室の利用状況、週間の利用予定、各パソコンのOSや教室ごとの台数、利用可能なパソコンの台数と教室内の位置を表示することができる。10月1日から、導入1校目となる福岡県内の私立大学で稼働している。学内に設置される端末のほか、パソコンや携帯からも閲覧が可能。デザインを見やすくしたほか、混雑時にも確認できるよう携帯から閲覧できるようにするなど、要望に応え改良した。柏田社長は「今後も管理側と学生側の意見を反映しながら、管理や利用のしやすい製品を開発していきたい」と話しており、提供開始から1年で10件の導入を見込む。
 同社は2006年1月設立、資本金は6百万円。21年12月期の売上高は47百万円。従業員数は5人。柏田社長は福岡市出身、1963年7月25日生まれの47歳。KCS福岡情報専門学校卒。趣味はゴルフ。