NEWS

  • 地域

大名2丁目に居酒屋出店  三塩    2店舗目


 居酒屋経営の株式会社三塩(福岡市西区拾六町5丁目、三塩晴久社長)は2月下旬、同市中央区大名2丁目に居酒屋「晴れ晴れ」を出店する。2店舗目。
 場所は通称「西通り」沿いで「岩田屋Zサイド」西側向かいの西通りKFC4階。フロア面積は約70平方mで45席。メニューは焼き肉、魚、焼き鳥など幅広く70種類をそろえている。スタッフは5人で店長には佐伯秀人さんが就任。営業時間は午後5時から翌日午前1時まで。平均客単価は2000~2500円で想定。初年度の年間売上目標は約4500万円。今回、集客力の高い大名地区に出店することで、さらなる売上拡大を図った。三塩社長は「20代後半から40歳代の女性客をメーンターゲットにしている。オープン後、様子をみながら営業時間も調整していきたい」と話している。
 同社は1985年創業。資本金1000万円。従業員数13人。天神1丁目で居酒屋「無我夢酎」を運営する。三塩社長は佐賀県出身。1937年5月2日生まれの51歳。趣味はゴルフ。