NEWS

  • 地域

大名2丁目にドライヘッドスパ専門店  中央区在住の吉原志保さん    初出店


 リラクゼーションマッサージを手掛ける吉原志保さんは6月1日、福岡市中央区大名2丁目にドライヘッドスパ専門店を開業した。
 場所は明治通り沿い赤坂駅近くのトートレビル2階。店名は「縁~eni~」で、店舗面積は60平方m。店内に4つの半個室を設け、それぞれベッドの半個室が2部屋、リクライニングチェアの半個室が2部屋となっている。水や油を使わずに素手で頭部の筋肉をほぐしていく独自の施術方法を採用しているのが特徴。「脳疲労の回復」をコンセプトに、ターゲット客層は30~50代のサラリーマン。従業員は吉原代表1人で、今後はスタッフを増員していく。客単価は4000円~4500円で初年度売上高は2000万円を見込んでいる。営業時間は午前10時半から午後9時半。不定休。吉原代表は「普通のヘッドスパでは物足りない方にはぜひ当店のサービスを体感してほしい」と話している。
 吉原代表は1989年1月29日生まれの27歳。大分県中津市出身。大分県立三隈高校卒。趣味は映画鑑賞。