NEWS

  • 地域

大名・今泉地区飲食店情報の無料CD  ジャストクリエイトコミュニケーション    1万1000枚発行


 広告代理業発行の株式会社ジャストクリエイトコミュニケーション(福岡市博多区祇園町、伊崎伸一社長)は、10月10日に、エリアを限定して飲食店情報を掲載したフリー(無料)CDを発行した。
 毎月10日発行で、枚数は約1万1000枚。大名・今泉エリアに限定しており、同地区の飲食店50軒の情報を掲載している。1軒を1冊の電子ブック形式で掲載しており、6ページに渡って外観・店内・メニュー・スタッフなどを紹介する。掲載料金は初回のみ制作費用込みで、8万4000円。次号以降は4万2000円(デザイン変更などの場合は別途費用)。想定ユーザーは大名・今泉で働いたり、遊んだりしている25歳~35歳の男女。配布方法は、掲載店舗やローソン、街頭配布など。名称は「5Zilla5時からどうする?グルメ情報」。当初は50軒を目安に掲載軒数の増加を目指していくという。伊崎社長は、「配布状況は予想を上回る勢いで伸びており、反応もいい。フリーペーパーが乱立する中で、CDであれば当社や掲載店のホームページへスムーズに誘導ができる。6ページを使って各店の良さを最大限伝えるツールとして使ってほしい」と話している。今後は来年春をめどに博多、赤坂・警固エリアでも同様のCD発行を計画しているという。同社は2008年2月設立、資本金1000万円。従業員数は約4人。伊崎社長は、飯塚市出身。1966年3月9日生まれの42歳。青山学院大学経済学部経済学科卒。広告代理店などを経て、現職。