NEWS

  • 地域

大分市にラーメンと屋台併設店  一蘭    県内初進出


 天然とんこつラーメン専門店の株式会社一蘭(福岡市博多区中洲5丁目、吉冨学社長)は今春、大分市弁天3丁目に新店をオープンする。全国49店舗目で、県内初出店。
 場所は青果市場南東側のロードサイド店舗。昨年11月に総本店にオープンしたラーメン店と屋台風店舗を併設した業態の2店舗目。店舗面積は300平方m。店内の味集中カウンター(35席)では従来店舗同様ラーメンのみを提供し、屋台エリアではカウンター、テーブル計100席を用意し、一蘭豚の巻などの屋台オリジナルメニューやラーメンをアルコールとともに提供する。スタッフは約100人。同社広報の大金倫子さんは「135席の大型店は当社初の試み。今後も同業態の店舗を出店していきたい」としている。